バルデナフィルの特徴 | ソッコーで効く!ED治療薬レビトラ&バリフの働き
振り返っている可愛い女性

バルデナフィルの特徴

黒い服を着た男性

薬の特徴は、そこに含まれている主成分の性質で決まります。たとえばレビトラやバリフの場合は、主成分であるバルデナフィルの性質が、薬の特徴を決めています。レビトラやバリフの特徴とは何かというと、何をおいてもまずは即効性があるということです。飲んで15分もすれば効いてきて、しかもそれから長くて10時間ほど、効果が持続します。この特徴を生み出しているのが、バルデナフィルの性質であるというわけです。
バルデナフィルの性質とは、水に溶けやすいということです。水分があるところにレビトラ錠を置くと、あまり時間をかけずに溶けていきます。もちろん一瞬で粉々になってしまうというわけではありませんが、少なくともその他のED治療薬の成分に比べると、早く溶けていきます。

要するに水で飲み、胃腸に入るとすぐに溶けていくということです。そして胃壁や腸壁から体内へ入り込んでいき、EDの症状が起きている下半身へと成分が浸透していくのです。他のED治療薬の成分がまだ胃腸があるときに、バルデナフィルは早くも患部に到達して作用を始めています。
ただし、人によって個人差がありますし、何が起こるかわからないので、できれば余裕があるなら行為の1時間前に飲むというのが理想です。
また、レビトラやバリフをのむときに使う水分ですが、何でもいいというわけではありません。アルコールは効果を下げる恐れがあるため、グレープフルーツジュースは副作用を高めてしまう恐れがあるため、それぞれ慎まなければならないとされています。